スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭汗 対策

頭汗が止まらない場合の対処法


【管理人オススメの多汗症対策】


頭の汗というか、顔の汗というか…


どこからかわからないけど、どにかくシャワーを浴びたように
汗ビッショリになる!!


これってかなり不快です。
もちろん、周囲にいる人もそれなりに不快なんでしょうが、
汗をかいている本人もかなり辛いです。


もちろん、その辺のデオドラントスプレーなんて効果なしです。
そもそも多汗症を改善するのは、難しいようです。


なぜなら、根本的に解決できる方法が知られていないから!!


では、一体何をすれば、根本的に改善することができるのか…
丁寧に説明してくれていますよ。

⇒ 詳細はコチラ





汗を抑えることを考えた時、
真っ先に出てくるのは、デオドラントスプレーなど
テレビのCMで紹介しているものではないでしょうか。


でも、よく考えるとそれって一時しのぎに過ぎませんよね?
もちろん、それで効果があるくらい、汗の出る量が少ない人はいいのですが…


では、根本的に改善することになったとして、
思いつくのは、医者で手術するというリスキーな手段
ではないでしょうか。


お金も時間もかかる…
しかも、副作用のことも考えなくてはいけません。


いくら汗を止めたいと思っても、
自分の体にメスを入れるのは抵抗がありますよね?


実は、私も手術を考えたことのある一人でした。


ただ、正しい方法さえ知っていれば
多汗症を自宅でも改善することは可能だったんです。


今まで正しいと思い込んでいた方法を改善し、
変わりにやることは、至ってシンプル!!


『もっと早く知っていれば…』


こんな体験談が多く寄せられている方法です。

⇒ 詳細はコチラ



頭汗 原因

頭汗の原因

頭汗原因について

多汗症の人は緊張や、刺激によって短時間の間に、体の一部にたくさんの汗をかく…そのような症状を体験するようです。

その一つが頭部の多汗症です。
頭から尋常ではない量の汗をかくことで、困っている人もいるのではないでしょうか。

頭汗の場合、シャンプーをしたかのように頭部に汗をかくのが特徴だということです。

そんな多汗症の原因は、頭部に限らず交感神経が過敏になるということが言われています。

汗をかくことの対策としては、ドラッグストアなどで色々な商品が売られていますが、頭に効くものはなかなか無いようです。

そのため最も抜本的な治療法としては内視鏡を使用した胸部交感神経切除術というものがあげられます。

頭汗の原因となっている交感神経を切除してしまうというものですね。
これは顔や手のひらの多汗症には絶大な効果を発揮するとのことです。

ただ、これにはいくつかのリスクもあるので、注意が必要です。

そのひとつが代償性発汗と呼ばれるもの。
上半身の発汗を手術により止める事で別の場所(主に下半身)の汗の量が増えてしまうという症状です。

また、その効果が永続的に続くことも時にはリスクとなり得ます。
一度手術をすることで、汗をかかなくなるということを考えると、それはとても便利なことのように感じますが、逆に言えば、代償性発汗が起こってしまえば、それを止める術はないということになってしまいます。

「後戻りできない」それがこの方法を選択する上でのリスクと言えるようです。

頭汗 漢方

頭汗の対策に漢方を!!

頭汗対策や原因について

頭汗の量が普通ではないのではないか…
そう思って悩んでいる人は結構いるようです。

そんなケースが自分の身に起こったとき、単なる汗をかきやすい体質であるというだけで済まさない方が良いようです。

それは、頭の多汗症である可能性があります。

多汗症という症状はとてもやっかいで、頭だけに起こることではないですが、特に頭汗の場合は、ほかの部位に比べて隠すことができないというデメリットを持っている為、その悩みが強くなる傾向にあるようです。

汗というと激しい運動をイメージしてしまいがちですが、そうではないのに汗をかいてしまう…
そんな悩みを持っている人は要注意かもしれません。

では、どのくらい汗が出てしまうのか。
一言で多汗症と言っても、その症状の度合はさまざまなようですが、重くなるとハンカチやタオルなどで拭き取っても一向に汗がおさまらないということもあるようです。

頭から水でもかぶったのでは?と思わせるほどらしいのです。
これでは悩みが深くなるのも当然ですね。

そんな頭汗の対策としては、意外かもしれませんが、漢方薬が効果を発揮するそうです。

多汗症というのは、実は交感神経が過敏になることによるもので、精神的な状態に左右されるという特徴を持っているようです。

交感神経を落ち着けるという意味で、体の内側から漢方薬で対策をとるというのもひとつの手段となっているのだとか。

手術という手段もありますが、ちょっと気が重いという人も多いはず。

そんな人は、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。